top of page

2024年発売の新型iPad Air、Pro 11インチと13インチには『世代』が無い!?箱の裏の表記で、M4とM2になっていることを確認。



2024年に新しく発売されたiPadシリーズ。

今回の新型iPad Air、Pro 11インチ、そして13インチについて、多くの人々が注目しています。


しかし、これらの新モデルには『世代』の表記が無いということで話題になっています。

特に箱の裏を確認すると、「M4」と「M2」というプロセッサーの表記が目立ちます。

今回は、その詳細について探っていきます。


 

iPadの『世代』とは?

まずは、iPadの『世代』とは何なのかについて説明します。

通常、Appleは新しいiPadをリリースする際に、「第○世代」という表記を使います。


この『世代』の表記は、新しい機能やデザインの進化を示すためのものであり、

ユーザーにとっては製品の違いを理解しやすくするための重要な指標でした。


 

2024年モデルのチップ

新型iPad Air、Pro 11インチ、13インチの2024年モデルは、これまでの『世代』の表記を排除し、プロセッサー名であるM4やM2を強調しています。

  • iPad Proシリーズは M4 チップ

  • iPad Airシリーズは M2 チップ

この変更は、製品の進化をより明確に示すための新たな戦略として捉えられます。


箱裏面11インチiPadPro(第4世代)と世代を描いている
箱裏面11インチiPadPro(第4世代)と世代を描いている

箱裏面11インチiPadPro(M4)と世代を削除しM4チップであることを強調
箱裏面11インチiPadPro(M4)と世代を削除しM4チップであることを強調


 

なぜ『世代』の表記が無くなったのか?

Appleが『世代』の表記を廃止した理由については、いくつかの仮説が考えられます。

  1. シンプルさの追求: プロセッサー名を前面に出すことで、製品ラインナップをシンプルにし、ユーザーが選びやすくする。

  2. 技術の進化の強調: Mシリーズのプロセッサの性能向上を強調し、ハードウェアの進化をより直接的に伝える。

  3. マーケティング戦略: 新しいマーケティング戦略として、プロセッサー名を中心に据えることで、製品の差別化を図る。

 

ユーザーの反応

ユーザーの反応はさまざまです。

一部のユーザーは、世代表記の廃止により混乱しているようですが、他のユーザーはプロセッサー名による明確な区別を歓迎しています。

 

まとめ

2024年の新型iPad Air、Pro 11インチ、13インチの特徴と、Appleが『世代』の表記を廃止した理由について探ってきました。


この変化が今後のiPadシリーズにどのような影響を与えるのか、注目していきたいと思います。新しいiPadを購入する際には、プロセッサー名に注目して選ぶことが重要です。



このブログ記事を参考に、最新のiPadシリーズを理解し、最適なモデルを選んでください。


 

 

BELLEMOND(ベルモンド)とは?

BELLEMOND(ベルモンド)では、様々なフィルムを世界中で販売しています。

世界中の人に選ばれ、シリーズ累計販売数は300万枚を超えました。

その結果、蓄積したノウハウ・大量ロットでの発注・中間業者を挟まない販売方法などによりリーズナブルな価格を実現。

低価格でありながら数千円で販売されているペーパーライクフィルムと同等の品質をお届けしています。


BELLEMONDのペーパーライクフィルム

ベルモンドのペーパーライクフィルムは、高品質な素材を使用し、長時間の使用にも耐える耐久性を持っています。また、各種タイプごとに異なる特徴を持ち、様々なニーズに対応可能です。

また、目の疲れを軽減するブルーライトカットや、便利なマグネット着脱式など、ユーザーの使いやすさを考慮した商品も提供しています。




 

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます:

Comments


bottom of page